シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

ビオスの丘 ~池に住まう電子機器~

      2015/02/06

 

 

 

ビオスとはギリシア語で『生命』の意味。

ビオスの丘と名乗るからには生き物がいっぱい居てしかるべきだな。

 

 

というわけで実際に行って生き物を探してきました。

 

 

オセロット!昆布山葵です。

というわけで本日ご紹介致しますのはうるま市にありますビオスの丘

ここは『有限会社らんの里沖縄』さんの運営する、亜熱帯の森を体感できるテーマパークで、園内は沖縄の貴重な生き物(主に虫)や沖縄に自生する数々の植物、また蘭をはじめとした栽培種で溢れており独自性のある美しい森が形成されています。

 

 

 

こちらが入り口。

テーマパークの入り口とは思えないほど普通の建物で不安になります。あれ?本当にここで合ってる?と思いつつ入ってみます。

 

 

 

あの建物でチケットを買い、エレベーターで下に降りるとそこはもう森。

とはいえ、しっかりと整備されていて安心しました。よかった。ココで合ってた。

 

 

 

しかしよく見ると、というかよく見なくても、この森に生きているのは沖縄の植物だけではないようです。

ヤエヤマヤシやリュウキュウマツのように元々自生しているものに紛れ、蘭などの栽培種がそこら中に生えています。

これらはいわば外来種ですが、ここの植物はお互いを潰し合うことなく、園内のみで独自の生態系を保っているようです。リトルプラネット。

 

 

そしてこれがビオスの丘最大の特徴、湖水観賞船です。

 

この船は園内の中心にある大龍池(ウフタチグムイ)を約25分かけて散策するためのもので、これに乗らないならビオスの丘に来る意味はない!と言えちゃうほどのビッグイベント。

ネズミの国で言うところのジャングルクルーズみたいなもんで、愉快な運転士のお兄さんの軽快なトークを聞きながら船は進みます。

 

 

お兄さんは船を運転しながら、池に棲む様々な生き物を見つけ出し、それらの生き物についてこれまた愉快に説明してくれます。

 

この日は水牛・バン・ジョロウグモ・メダカ・アメンボ・イトトンボなどを見つけてくれました。

日によって見つかる生き物の数や種類は多少異なるはずなので、行くたびにまた違う説明を聞けるかもしれません。

 

また、姿を確認することはできませんでしたが、ガイドのお兄さん曰く、この池には他にもカエルやヨシノボリ、3台のデジカメと2台の携帯電話などが生息しているとのことでした。

ビオスの丘に行くときは、アナタの携帯電話やデジカメが湖に仲間入りしないように気をつけましょう。

 

 

 

園内ではかなりの種類の生き物にも出会えました。

さすがにすばしっこくて全部は撮影できませんでしたが、何枚かはいい写真も撮れました。

特にニワトリ。美味しそうですこと。

 

 

さて、それでは最後にビオスの丘の基本情報です。

 

名前 ビオスの丘
タイプ テーマパーク
住所 沖縄県うるま市石川嘉手苅961-30
電話番号 TEL 098-965-3400
入場料

大人1200円 小人700円(4歳~小学生まで)

※上記は湖水観賞船セット料金です。

入場のみの場合は大人690円 小人350円。

定休日 年中無休
営業時間 午前9:00~午後6:00 ※入場は5:00まで
所要時間 2時間
駐車場 無料。わんさかあります。
アクセス 那覇空港から車で1時間30分。
トイレの綺麗さ ☆☆☆
服装 広い園内を歩くので、汗をかいてもいいように準備を。
キャッチフレーズ おもいきりアドベンチャー
観光客へのオススメ度 ☆☆☆
生き物(主に虫)や蘭が好きな方にはオススメ。
地元民へのオススメ度 ☆☆☆
湖水観賞船以外は自然豊かな公園みたいなもんなので、入場だけして子どもと遊ぶのも手です。
ディープスポット度 ☆☆☆
え?え?ここであってる?と思いながら人気のない道を進んでたどり着きます。だからこそ豊かな自然が残っているのです。
接客

☆☆☆☆
ガイドのお兄さんの愉快なトークは、聞く価値アリです。

とか言って、ハードルを上げておきます。

バリアフリー
周辺の観光地

ムーンビーチまで車で15分

おんなの道の駅まで車で20分

シーサーの生息数 10体以下。
備考 カヌー体験、平舟体験、水牛車など、別料金ですが他にも色々な体験メニューがあります。

 

 

尚、この情報は記事作成時(2012年8月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

時間が無くて借りられませんでしたが、無料にて『お昼寝ゴザ貸し出し』というのもやっているそうです。あの自然の中で眠れたら気持ちいいだろうなぁ~。

 

・・・でもハブやらハチやらが怖い。

というわけでビオスの丘のご紹介でした!みなさんも是非行ってみてくださいね!

 

 

それではまた!

 


←おすすめ

 

VacaSta

 - おきなわSPOT

">