シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

国際海洋環境情報センター ~つかもうぜ~

      2015/02/06

 

 

深海魚好きの人って意外に多いような気がします。

美ら海水族館でも深海コーナーではしゃぐ人をよく目にしますし、かくいう僕も深海魚ファンです。

なんかこう、ロマンがあるんですよね。深海。

 

 

DSC05286

 

そんな深海好きの方に是非オススメしたい施設があります。

深海のことを知りたいなら、美ら海水族館よりも資料が多いかもしれません。

 

 

 

hr

 

オセロット!昆布山葵です。

という訳で本日ご紹介致しますのは、名護市にあります国際海洋環境情報センター

海洋研究開発機構(JAMSTEC)が運営する施設です。

JAMSTECはテレビなんかでもよく紹介されてるので、動物系の番組とか好きな方なら聞いたことあるかもしれませんね。

 

 

120819_1227

 

wikipediaによると、

 

国際海洋環境情報センターは国際的な海洋環境・地球環境の情報等に関するデータ、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が保有する海洋・深海の研究・観測データや資料等(刊行物、論文)のデジタル化を行い、IT技術の活用を通して国際発信の拠点となっている。

 

とのことで、すごくちゃんとした研究施設なのですが、なんとその研究資料の一部を入場無料で一般公開しているんです。

さらに、入口で確認してみたところ、館内の撮影もOKとのことで、なんとも気前の良い資料館となっているのです。

戦闘力が53万もあるのに格下相手にはフルパワーで戦わないフリーザ様と同じくらい気前がいいと思います。

 

120819_1227

 

入口にはこのような顔ハメ看板が。

3人の後ろには、深海6500mまで潜れる調査潜水艦、しんかい6500が写っています。

この3人は深海にいるんでしょうか。水圧とか大丈夫なんでしょうか。

大丈夫なんだとすれば、彼らの戦闘力は6500を超えているかもしれませんね。何の話だ。

 

 

120819_1228

 

さて、館内はこのようになっています。

一般公開されているエリアはそこまで広くありませんが、深海に関する情報が書かれたパネルや模型などがいくつも展示されているので、全部読んで帰宅する頃にはきっとあなたも深海博士になっていることでしょう。

 

 

120819_1230

 

こちらはウワサのしんかい6500の模型。

しんかい6500は現在、世界で2番目に深く潜れる潜水艦だそうで、海底から地震のメカニズム調査をしたり、深海生物を調査したり、海底資源の調査をしたりと、我々の暮らしに役立つ調査ざんまいのステキな奴なのです。

 

それにしてもなんか宇宙船みたいなフォルムですね。

ホイポイカプセルから出てきそうな。

 

 

120819_1231

 

こちらも国際海洋環境情報センターの展示物。

案内板を撮影し忘れたので、これが何のための道具なのかわかりませんが、なんか飛びそうなフォルムの道具ですね。

筋斗雲に乗れない悪しき心の持ち主はこれに乗ってみるといいかもしれません。

 

 

120819_1232

 

ごめんなさい。これもなんの道具か忘れました。

えぇっと・・・。ほら、ホイポイカプセルからこんな乗り物出てきませんでしたっけ?たぶんアレです。きっと飛びます。

 

 

さて、それでは最後に国際海洋環境情報センターの基本情報です。

 

名前 国際海洋環境情報センター
タイプ 博物館
住所 沖縄県名護市字豊原224-3
電話番号 098‐50‐0111
入場料 無料。
定休日 毎週月曜日及び祝祭日、年末年始
営業時間 9:30~17:30
所要時間 40分
駐車場 無料。
アクセス 那覇空港から那覇インターで沖縄自動車道に入り北上、宜野座インターで降りて329号線をさらに北上。那覇空港からおよそ2時間。
トイレの綺麗さ ☆☆☆☆
服装 オールOK。
キャッチフレーズ もっと知りたい海のこと
観光客へのオススメ度

☆☆

素晴らしい施設ですが、観光には向かないかもしれません。

地元民へのオススメ度

☆☆☆☆

お子様の自由研究がこの一箇所で完結する勢い。

ディープスポット度

☆☆

意外と知られていない、ステキな施設。

シーサーの生息数 数体。
備考 館内には海や魚に関する本もたくさん揃っています。

 

尚、この情報は記事作成時(2013年6月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

 

昨日久しぶりにドラゴンボール読んだので、よく分からない記事になってしまいました。

あの飛びそうなフォルムの機械は多分、本当は飛べません。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

 

というわけで国際海洋環境情報センターのご紹介でした!

みなさんも是非行ってみてくださいね!

 

それではまた!

 

 

 

 

VacaSta

 - おきなわSPOT

">