シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

【沖縄知識】カメーカメー攻撃とは?

      2015/02/06

 

 

沖縄のおばぁはカメーカメー攻撃という技を覚えています。

 

obaakame

 

 

『カメー』ってのは亀のことじゃないですよ。

カメーカメー攻撃って、別に赤コウラでクッパを撃墜するアレのことじゃないです。

 

『カメー』とは沖縄の方言で『食え』という意味。

つまりカメーカメー攻撃とは、おばぁが客人(主に子や孫)をもてなす際、『これも食え、あれも食え』と大量の食べ物を出してくる行為のことなのです。

カメーカメー攻撃は、戦争やその直後の食料難を経験したおばぁ達の、食べきれないほどのご馳走を出すのが最大のおもてなしという考えからくる行為だそうなのですが、問題は本当に食べきれない量を出してくるということです。

それこそ、攻撃という名がふさわしいほど。

 

hr

沖縄でよく見られる光景

 

おばぁ『ごはん食べていきなさい。』

 

孫『いや、さっき食べてきたから。』

 

おばぁ『せっかく作ったのに、食べていきなさい。』

 

孫『…じゃあ少しだけ。』

 

おばぁ『はい。(大量にごはんをよそう)』

 

孫『多いよ…。(がんばって食べる)』

 

おばぁ『おかわりしなさい。(と、言いながらもうごはんをよそっている)』

 

孫『いや、もうほんとにお腹いっぱいだから…!(でも頑張って食べる)』

 

おばぁ『遠慮するな。(そして追加のオカズを作りはじめる)』

 

 

hr

 

↑こんな状況が沖縄では日常茶飯事です。

カメーカメー攻撃って、不思議なくらいどの家のおばぁも仕掛けてくるんですよね。

 

 

 

 

VacaSta

 - OKINAWAコラム!

">