シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

勝連城跡 ~BANANA~

      2015/02/06

 

 

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介いたしますのは、うるま市にあります勝連城跡

平成12年に琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界文化遺産にも登録されているグスクです。

 

DSC08145

 

沖縄県の世界遺産で最古のグスクである勝連城跡には、かつて勝連半島を勢力下に置いていた権力者である阿麻和利(あまわり)が住んでいました。

阿麻和利は、琉球の歴史書によれば首里王府に歯向かった悪人として扱われることが多いのですが、実際のところは海外貿易によって勝連に繁栄をもたらし、圧政を敷いた先代城主を討ち、人望も厚い名君だったと言われています。

一説には、阿麻和利のあまりの名君っぷりにビビッた首里王府の陰謀で討伐され、事件の隠蔽の為に悪人として記録されるようになったとも言われているほど。

 

 

そんな繁栄を築いた名君だからこそ、だとは思うのですが。

 

DSC08152

 

すげぇいいとこに住んでたんだなぁ。と思います。

豪邸ですよ豪邸。

 

DSC08165

 

なんと言っても広い!とにかく広い!

敷地面積3579坪!

実に東京ばな奈29667個分の広さ!

 

バレーボールコートが東京ばな奈405個分、バスケットコートが東京ばな奈1050個分であることを考えると、その広さがよく分かりますよね。

 

 

DSC08198

絶景だったけど、逆光でろくな写真撮れず。

 

 

また、高台なので景色が素晴らしいです。

金武湾から海中道路平安座島まで見渡すことが出来る上、勝連城跡のパンフレットによると、街からの光で夜景もステキらしいです。(僕は夕方に帰ったので夜景見てないけど)

100万ドルの夜景…とまでは言えないと思いますが、100万円の夜景くらいの価値はあるのではないでしょうか。

実に東京ばな奈8000個分の価値!

 

 

やはり名君は素晴らしい場所に住むものなのですね。

僕もいつか出世して金持ちになったら、豪邸に住みたいものです。

そんで東京ばな奈を好きなだけ食べたいです。

 

 

 

それでは最後に、勝連城跡の基本情報です。

 

名前 勝連城跡
タイプ 世界遺産
住所 沖縄県うるま市勝連南風原
電話番号

098-978-2227

※うるま市役所 うるま市教育委員会 教育部 社会教育課

入場料 無料。
定休日 年中無休
営業時間

見学自由

所要時間 一時間
駐車場 無料
アクセス 那覇空港から国道330号線を北上、勝連方面へ。車で約1時間。
トイレの綺麗さ ☆☆☆(管理棟)
服装 駐車場から城跡までは坂道を含め、けっこうな距離があります!歩きやすい靴で!
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

☆☆☆☆☆

沖縄のグスクの中でも最古のものであり、絶景スポットでもあります。個人的には世界遺産の中でもオススメです。

地元民へのオススメ度

☆☆☆☆☆

なにやら、地元の方がジョギングコースにしたりしてるみたいです。無料ですし、近隣のかたはお散歩にもオススメ。

ディープスポット度

有名観光地です。

接客 --
バリアフリー ×
周辺の観光地

海中道路まで車で10分

伊計島まで車で15分

シーサーの生息数 0体。
備考 城内で東京ばな奈の販売はありません。ご了承ください。

 

尚、この情報は記事作成時(2013年7月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

 

勝連城跡にはまだまだ見所がたくさんあります!

ので、是非みなさまも行ってみてくださいね!

それではまた!

 

 

 

 

 

VacaSta

 - おきなわSPOT

">