シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

【OKINAWAコラム】名前がついている魚は一匹だけ!?

      2015/02/06

koramu

 

カナダのレイクヘッド大学が行った調査により、『心配性の人間ほど知能が高い』という研究結果が明らかになったそうです。

小さい頃から重度の心配性を患いつつも、最近めっきりポジティブシンキングになってきた僕は、この調査結果を聞いた時、

『えぇえ!?どうしようせっかく心配症も治ってきたところなのに…!このままじゃ段々アホになっていくってことかな?もうちょっと周囲に気を配って心配性に戻ったほうがいいのかな!?心配だなぁ。

と、アホみたいな心配をした後、心配性が全然治っていないことに気がつきました。

 

オセロット!昆布山葵です。

さて、新年のご挨拶を除きますと、2015年最初の更新でございますゆえ、最初のご挨拶というか小話をちょっとぶ厚めにいっときましたけれども。

上記のお話は本日の更新の大筋には特に関係ありませんのでご了承ください。

 

 

 

DSC04615

 

 

さてみなさん、美ら海水族館では何匹くらいの海洋生物が飼育されているかご存じですか?

公式サイトによれば、美ら海水族館には約740種類、21,000匹もの海洋生物が飼育されているといいます。

すごい数ですよね。

 

でも知ってました?

美ら海水族館で飼育されている中で、名前がつけられている生き物は一匹だけなんです。

実は、美ら海水族館では飼育している生物に名前をつけないというルールが決められているので、例外的に名前が付けられた一匹以外は全て名無しさんなのです。

 

 

DSC00151

たぶん彼。

 

そして件の”例外的に名前を付けられた生き物”というのが、上の写真に写っている彼。

ジンベイザメのジンタ君です。

 

美ら海水族館には現在3匹のジンベイザメがいます。

その3匹の中で一番大きな体なのがジンタ君。全長8.5mもあります。

残りの二匹のジンベイザメは、他の生き物同様に名無しさんです。

 

ではなぜジンタ君だけに名前が付けられているのでしょうか?

飼育員さんに聞いてみたところ、以下のような返答を頂きました。

 

 

nobunaga

美ら海水族館には、”生き物に名前をつけないこと”という規則があるのじゃ。

しかしの、黒潮大水槽に棲むジンベイザメの中でも最も長命で猛々しい体を持つ者に関しては例外的に”ジンタ君”の名を授けた。

なぜならばジンタ君は、ジンベイザメの”世界最長飼育記録”という誠にあっぱれな記録を持っており、これは知行を与えるにも相応しい功績であるからじゃ。

しかし名付けた当時、ジンタ君に『そちに褒美を取らせるが、何を欲する?』と問うてはみたものの、彼奴は余の言葉を無視した上、外方を向き、泳ぎを止めようともせぬ。

それを見た家臣どもは、『殿を愚弄するか!切腹に値するぞ!そこになおれ!』といきり立っておったが、余はそれを制し、ジンベイザメの立場を斟酌した。

よくよく考えてみればジンベイザメは海中に繋ぎ止められた身ゆえ、百万石の領地を与えたとしても無意味なのであろう。十万疋の金も同様じゃ。

ならばジンベイザメは何が欲しかろうか…

『そうじゃ、余が直々に名をくれてやろう。ジンタ君じゃ、そちはこれから、ジンタ君と名乗るが良い。』

余の言葉を聞いたジンタ君は言葉こそ発しなかったが、『ありがたき幸せ…!』と言いたげな昂奮に満ちた目で、雄大な尾を翻して泳いでおったわ…

 

※上記のインタビューは僕が実際に美ら海水族館スタッフの方に行ったものですが、記事編集の都合により多少の脚色が含まれております。ご了承ください。

 

 

ジンタ君は、飼育期間が世界で最も長いジンベイザメだから、ということで特別に名前が付けられているんですね。

美ら海水族館が出来る前(国営沖縄記念公園水族館時代)の1995年から飼育されているので…ジンタ君の飼育期間は今年で20年目になりますね。

ジンベイザメの寿命は一説には100年とも言われておりますので、ジンタ君はこれからもこの記録を伸ばしていってくれることでしょう!

天晴れ!!

 

 

 

 

ジンベエザメフロート

新品価格
¥1,281から
(2015/1/7 15:52時点)

←これに乗ってサーフィンするとCool。

VacaSta

 - OKINAWAコラム! , ,

">