シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

【沖縄名物図鑑】コーレーグース

      2015/02/06

okinawameibutubar

 

 maruhiko-re-

 

bouya

inicon 尻田 ガリ夫くん(12歳)

 

なんでも知りたがる好奇心旺盛な男の子。

最近は特に、芸能界の闇について知りたがっている。

しかしその正体は、潜入調査中のCIAエージェント。

hakase

inicon コーレーグース博士(49歳)

 

コーレーグースが大好きな博士。

『ワシは今日からコーレーグースしか食べない!!』と宣言してから10年が経つが、『やっぱり明日からにする!最後の晩餐として、今日はハンバーグ食べる!』などと言い訳して話にならない。

 

bouya

うーん。こまったなァ。

気になって仕方がないなぁ…

 

hakase

おや?どうしたんだい?

 

bouya

あ!コーレーグース博士!

ちょうどいいや!ちょっと相談に乗ってよ!

 

hakase

いいとも。何の相談かわからんが、全裸のワシにできることなら、なんだってしてあげよう。

 

bouya

やったぁ!

実は僕、今日中に学校の宿題を終わらせなくちゃいけないんだ。

その宿題っていうのが、『コーレーグースについて詳しく調べる』ってものなんだけど、コレがなかなか難しくってさ…

 

そこで!博士にいろいろ教えてもらいたいってワケ!

 

hakase

ホホホ。いいとも。

なんたって博士はコーレーグースにすこぶる詳しいからね。

なんでも聞いてごらん?

413Oqk9s-JL

これがコーレーグースだ!!

 

 

 

bouya
じゃあさっそく質問していくね!

 

 

えーっと、コーレーグースっていうのは沖縄で広く流通している調味料のことで、沖縄の特産である島とうがらしを泡盛に漬け込んで作るんだよね?

 

 

朝鮮半島から伝来したとうがらしのことを、当時は『高麗草(コーレーグース)』と呼んでいたことから、本来はこの調味料ではなく、島とうがらしそのものの事をコーレーグースと呼んでいたとも言われているんだけど、明治時代ハワイへ移住した沖縄県民がハワイのチリウォーターを参考にして開発した調味料としてのコーレーグースは、地元沖縄県でも爆発的に普及し、現在の沖縄県では、コーレーグースというとこの調味料のことを指すことがほとんどであるんだっけ。

 

 

料理に一滴たらすだけでも強い泡盛の香りと、島とうがらしの辛味が口中に広がるので、初めて食べた人は『クセが強い』と感じて敬遠してしまうことも多いが、それがクセになるということで、コアなコーレーグースファンもいる。 特に、沖縄県内の食堂などには必ずといってよいほど置かれているので、沖縄県民の食事には欠かせない重要な調味料でもあるんだよね確か。

 

 

使い方は簡単で、調理工程ではなく、食べる直前に料理に1、2滴たらすだけ。 沖縄そばにかけて使われるのが一般的ではあるものの、ラーメンやピザ、肉まん、味噌汁、鍋物などに加えても美味しい。 要するに、タバスコやラー油などと同じように使えるから、調味料としての使い勝手もよい。

 

現在、コーレーグースは沖縄県内のスーパーマーケットなどで普通に購入できるが、実はコーレーグースはとうがらしを泡盛に漬け込むだけでカンタンに作れるので、今でも自家製のコーレーグースを作っている家庭も少なくないんだとか…

 

うん。僕が調べられたのはこのくらいかな?

博士、この情報、合ってる?

 

hakase

うん。

 

bouya

やったぁ!さっすがコーレーグース博士!

宿題が一気に終わっちゃった!!

これで胸をはって学校にレポートを提出できるゾ☆

 

みんなも、コーレーグースについて調べてみてね☆

 

おわり。

 

 

 

コーレーグース 沖縄産調味料(瓶詰) 120ml

新品価格
¥756から
(2014/7/25 23:36時点)

←個人的には、緑のたぬきに入れるのがオススメ。

VacaSta

 - 沖縄名物図鑑 , , , ,

">