シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

道の駅ゆいゆい国頭 ~魔物扱い~

      2015/02/06

 

 

 

沖縄に数多く存在する道の駅。

比地大滝のすぐ近くにある大きな建物は、沖縄最北端の道の駅だ。

 

 

 

 

ヤンバルをドライブするなら、是非立ち寄ってみて欲しい。

ここはただのお土産屋さんではなく、ちょっとした資料館でもある。

 

 

 

 

オセロット!昆布山葵です。

というわけで本日ご紹介いたしますのは、国頭村にあります道の駅ゆいゆい国頭

地元、国頭村の特産品を数多くあつかう大きな道の駅です。

 

 

 

 

駐車場には謎のヤンバルクイナ(?)が立っています。

 

いくら飛べない鳥だからって、鳥類の最大の特徴である羽を腕に変えてしまうというクリエイティブな像。

この写真を撮影した直後、7歳くらいの男の子がこの像にまたがって『こいつはキモイから俺が倒す!!』などと叫んでおられましたので、念のため帰るときにもう一度ヤンバルクイナ像を確認しに行きましたが無傷でした。

いつも鍛えてるだけあってわんぱく坊主に負けることはなさそうです。

 

 

 

 

店内はこのように広々としたお土産屋さんになっています。

紅芋タルトなどのおなじみの商品はもちろん、ここでしか買えない限定商品もあります。

 

写真中央にでかでかと書いてある、『手作りママ』が何なのかはわかりません。今気づきました。

パタパタママとかの派生でしょうか。手作りママ。

 

 

 

 

いろいろな商品がありますが、他のお土産屋さんに比べてヤンバルクイナ関連グッズが多い気がしました。

地元の人が作った工芸品みたいなものもかなり多かったです。

 

 

 

 

お土産屋さんの横はちょっとした資料室のようになっていて、ヤンバルに住む生き物の剥製や昔使われていた農具などが展示してあります。

 

上の写真はリュウキュウイノシシの剥製。

堂々とした立ち姿の親イノシシと、ヘアピンカーブを全速力で曲がろうとする子イノシシ。

そんな状況を再現したのでしょうか。自然界の厳しさを思い知らされます。

 

 

 

他にも、ヤンバルクイナの剥製やポセイドン的な槍など、貴重な品が多数展示してありますが、なんと道の駅の付属施設なので無料で見学できます。

おみやげ選びついでに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 


さて、それでは最後に道の駅ゆいゆい国頭の基本情報です。

 

 

名前 道の駅ゆいゆい国頭
タイプ 道の駅
住所 沖縄県国頭郡国頭村字奥間1585番地
電話番号 TEL 0980-41-5555
入場料 無料
定休日 年中無休
営業時間 9:00~18:00
所要時間 1時間
駐車場 無料。
アクセス 那覇空港から58号線を北上。車で2時間30分。
トイレの綺麗さ ☆☆☆
服装 オールOK。
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度 ☆☆☆
楽しく買い物ができる空間です。付近には比地大滝ややんばる野生生物保護センターなど、自然に関するスポットが多いので、ここで休憩してから行くのもよいと思います。
地元民へのオススメ度 ☆☆
けっこう、地元の方が多く訪れているようでした。ドライブの休憩にも便利です。
ディープスポット度 ☆☆
道の駅としては有名な方かと。
シーサーの生息数 100体以上。
備考 食事処もあります。

 

尚、この情報は記事作成時(2012年9月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

 

あのヤンバルクイナ像は、観光客の皆さんに記念撮影スポットとして人気だったり。

子供達には敵(と書いてライバル)として大人気だったり。

結局は、人気キャラクターなのかもしれません。

 

皆さんもヤンバルクイナ像と写真を撮ってみてはいかがでしょうか!

 

 

それではまた!

 


←おすすめ

 

VacaSta

 - おきなわSPOT

">