シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

【沖縄知識】マジムンのメンタル

      2015/02/06

 

 

以前、沖縄の魔物であるマジムンについて説明いたしましたが、今日はそんなマジムンのメンタル面について考察してみようかと思います。

あ。今日のはあくまで、僕がいろいろ調べた上での独自の考察なのであしからず。

 

DSC04381

 

前回の記事を読んでいない方のために一応説明しておきますと、沖縄にはマジムンと呼ばれる魔物が住んでいると言われています。

キジムナーとかはけっこう有名ですよね。あれもいわゆるマジムンの一種。

つまりマジムンとは、内地でいうところの妖怪とか幽霊みたいなもんですね。

 

無害なマジムンもいますが、なかには悪さをするものもいるので、沖縄の先人たちはマジムンの撃退方法なるものをいくつも編み出しています。

 

僕はそうゆう沖縄に伝わるマジムンの撃退方法をいくつも調べていくうちに、ある一つの結論にたどり着きました。

 

その結論とは、

マジムンはメンタル面が弱すぎる。

というもの。

 

 

どうゆうことか、代表的なマジムンの撃退方法を見ながら説明していきましょう。

 

 

hr

 

inicon マジムン撃退方法その1 シーサー

 

DSC02166k

 

沖縄の守り神といえば、そう。シーサー。

沖縄では最もメジャーな魔除けです。

シーサーにはマジムンから人々を守ってくれるという意味があるんですね。

 

どうしてシーサーを置くと魔除けになるのかと言うと、

『シーサーの顔が怖くてマジムンが逃げるから』という説があります。

弱っ!マジムン弱っ!

 

 

 

inicon マジムン撃退方法その2 石敢當

 

DSC04299

 

石敢當とは、沖縄の各民家に置かれている魔除けのこと。

大小様々な石に『石敢當』と刻まれているだけの簡単な造りですが、沖縄ではおそらくシーサーの次にメジャーな魔除けです。

 

沖縄のマジムンは基本的にまっすぐにしか進めない性質を持っているとされているため、マジムンがぶつかりそうな丁字路や三叉路に石敢當を置いておけば、石敢當を見たマジムンが逃げ出したり、石敢當にぶつかったマジムンが砕け散って死んだりすると言われています。

 

ではなぜ、石敢當が魔除けになるのかと言うと、

『石敢當とは、中国のとても怖い武将の名前で、名前を見ただけでマジムンがビビるから』とのこと。

弱っ!マジムン弱っ!

 

 

 

inicon マジムン撃退方法その3 クスケー!

 

kusyami

 

沖縄の言い伝えによると、子供はまだ魂(マブイ)が体にしっかり定着していないので、くしゃみをすると魂が抜けやすくなるんだそうです。

だから子供がくしゃみをしたタイミングを狙って、マジムンが魂を奪いにくるんだとか。

恐ろしい話ですよね。

 

だけどもちろん、これにも対処法があります。

それは、子供がくしゃみをした直後に、周りの大人が『クスケー!』と叫ぶことです。

そうすると、魂を奪いに来たマジムンはすぐに逃げ出してしまうんだとか。

 

ちなみに『クスケー!』とはおまじないの言葉でも何でもなくて、沖縄の方言で『くそくらえ!』の意味。

マジムン、『くそくらえ!』って言われると傷ついて逃げ出すんだそうです。

弱っ!マジムン弱っ!

 

 

hr

 

いかがでしたか?

なんか、沖縄のマジムンにはタイマンで勝てる気がしますよね。

顔が怖くて、悪名高くて、口が悪ければ勝率100%だと思います。

 

沖縄でマジムンに取り憑かれるようなことがあれば、神社やお寺を頼るより、地元の怖い先輩を頼ったほうがいいのかもしれません。

 

 

 

VacaSta

 - OKINAWAコラム!

">