シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

【沖縄知識】オジィ&オバァがネイティブアメリカン

      2015/02/06

 

 

沖縄のおじぃ&おばぁは、氷水のことをアイスワーラーと呼ぶことがあります。

これは、英語の iced water のネイティブな発音。


同じように、

洗濯機 → ワッシンマシン(washing machine)

シチュー → ストゥー(stew)

喫茶店 → カーヒーシャープ(coffee shop)

ツナ → トゥーナー(tuna)

と、色々な物をネイティブな発音で呼びます。

 

沖縄には、若い頃米軍基地の中で働き、米軍直伝で学んだ正しい発音で英語をしゃべるおじぃおばぁがたくさんいます。

英会話が出来る、というわけではないのですが、単語単語は素晴らしい発音だったりするのです。

 

僕が以前働いていた薬局でも、

『えぇ!兄さん!ワッシンマシンの洗剤無いねぇ?』

と話しかけられたことがありました。

一瞬混乱しましたが、洗濯槽洗剤を探しているのだとわかりました。

 

その後このおばぁが、

『ポン酢無いねぇ?顔に塗るやつ!』

と言うので、ボケたのかと思いました。

化粧品メーカーのPOND’Sのことを言っているのだと気づくのには10分かかりました。

 

このように、沖縄のおじぃおばぁは流暢な琉球方言だけではなく、ネイティブな英語や化粧品メーカー名まで何の脈絡もなく駆使してくるバイリンガルなのです。

 

 

 

 

VacaSta

 - OKINAWAコラム!

">