シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

【沖縄NEWS】NAHAマラソン参加申し込み開始!そして終了!

      2015/02/06

 

 

news

 

こんばんは。昆布山葵です。

本日より当サイト、シーサーイズマモリガミで新たな試みが始まる模様です。

新しい企画は『沖縄NEWS COMMENTARY』と呼ばれるもので、これはサイト管理人である私、昆布山葵が沖縄に関連するニュースに関してコメント・解説を加えていくという趣旨のものです。

 

この企画は新聞やテレビでは伝わりにくい地元目線からの意見を世界中の人々に発信すると共に、当サイトのネタ切れを防ぐ役割を果たすのではないかと期待されています。

 

それでは本日のニュースです。

 

hr

 

hukidasi NAHAマラソン 申し込み終了

 第29回NAHAマラソンの申し込みが本日午前9時から始まり、午後7時半には定員に達したため締め切られました。

 インターネット・電話・コンビニや銀行などでの直接申し込みにはランナーが殺到し、たった一日で2万5千人の申し込みが集まりました。

 第29回NAHAマラソンは、今年の12月1日に開催を予定しています。

 

hr

 

本日取り上げるニュースは『NAHAマラソンの申し込み終了』です。

今年はNAHAマラソンに出る気満々だった僕は、職場から帰宅してこのニュースを知って愕然としました。まぁいいや。仕方ない、来年出よう。(と、毎年言っている)

 

NAHAマラソンは、那覇市と姉妹都市を結んでいるホノルル市の姉妹都市締結25周年を記念し、ホノルルマラソンにちなんで1985年から開催されている市民マラソン大会です。

当初の参加者は4,000人程度でしたが、現在では3万人近くにまで参加者の人数が増え、日本でも最大規模のマラソン大会になっています。

 

今年の参加定員は2万5千人とのことですが、出場希望者は更に多く、

『NAHAマラソンの為に1年間走り込んできたのに、申し込みが間に合わなかった』

という悲しきランナーを産み出し続ける罪深き大会でもあります。

 

数年前までは申し込み開始から定員に達するまで1週間くらいの猶予があったと記憶しているのですが、ここ数年はその日のうちに予約が打ち切られてしまっています。大人気ですね。

 

今年は申し込み開始からたったの10時間半程度で2万5千人が集まったということです。

中学生の頃、僕の友人が彼女の募集を開始してから10年経った今でも申し込み人数0人だということを考えると、これはものすごい数値ですよね。

NAHAマラソンにお申し込みの2万5千人の皆さん、一人くらい僕の友人のところにも応募してみてはいかがでしょうか。

 

最後に、今年のNAHAマラソン情報と僕の友人の情報を比較掲載しておきます。

両方を比較して、どっちに応募するか決めてみてくださいね!

 

 

 

 

名前 NAHAマラソン 友人
年齢 第29回 25歳
人気 ランナーに大人気 昆布山葵に大人気
キャッチフレーズ 太陽とジョガーの祭典 社会の底辺が日本を変える
キロ数 42.195キロ(距離) 102キロ(体重)
スポンサー 琉球銀行など お母さんなど

 

 

 

 

 

 

VacaSta

 - 沖縄NEWS

">