シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

【OKINAWAコラム】『クバ笠』がどれほどにオシャレか

      2015/02/06

koramu

 

みなさまは『クバ笠』ってご存知ですか?

沖縄で昔から使われている笠のことです。

 

kubagasa

これがクバ笠だぁあぁぁ!!

 

クバ笠とは、乾燥させたクバ(ヤシ科の植物)の葉を編んで作る伝統的な笠のこと

葉っぱで出来ているとは思えないほどに頑丈で、水につよく、沖縄の強い日差しでも劣化しにくいという超高性能な笠なのです。

 

その使い勝手の良さたるや…!

海でのレジャーに使っても良し、山でのトレッキングに使っても良し、晴れた日の紫外線予防に良し、雨の日の頭皮保護に良し、雪の日の地蔵保護に良し…。

クバ笠はありとあらゆる場面で役立つ素晴らしいツールなのです!

 

 

さらに言えば、なんてったってオシャレですよね。クバ笠って。

クバ笠がどれだけオシャレかってのを理解していない人が多いのが残念ですが、普段使いのオシャレアイテムとして、クバ笠ほど素晴らしい帽子はないと僕は思います。

 

しかしGoogleで『オシャレ 帽子』で検索してみたところ、出てくる情報はシルクハットやニット帽といった個性の無いものばかり…

シルクハットなんかよりもクバ笠のほうがオシャレだということをご説明するため、以下に参考画像をご用意しましたのでごらんください。

 

 

kubaboy1

 

仮に、↑こうゆうイケメンがいたとしますよね?

TシャツにGパンという無難な格好のイケメンは、それだけでもまぁ十分爽やかに見えますが、何か物足りない感じがしませんか?

そうです。彼のファッションにはクバ笠が足りないんです。

 

 

とりあえず、彼にクバ笠を着用してもらいましょうか。

するとどうでしょう…

 

kubaboy2

 

ワァオ!He is coooool!!

個性の無い量販ファッションで、裏では『しまむら御大臣』なんてあだ名で呼ばれていた彼も、クバ笠ひとつ着用するだけでたちまちファッションリーダーに大変身!!

 

クバ笠を着用したことで一気に溢れ出る『海の男感』で、世の女性はイチコロ!

この漁師っぽいファッションで、たくましい一面を演出できていますよね!

これにはピーコも思わず甘口コメント!

やはりクバ笠は男のファッションに欠かせないアイテムなのです!

 

 

 

そして一方、同じ人物がシルクハットを着用した場合はどうでしょうか?

シルクハットでも、クバ笠同様にオシャレになれるのでしょうか…?

 

 

 

kubaboy3

 

オウ…!He is crazy…!

先ほどとはうってかわって、シルクハットを被ってもオシャレになったようには見えませんね。

どこにナニを被っているのかちょっとアレですし、未開の地に住む原住民のような出で立ちになってしまいました。

これは一体どうしてだかわかりますか?

 

実は、シルクハットはタキシードや燕尾服などの礼服に合うようにつくられた帽子なので、僕たちが普段の格好のままでシルクハットを着用すると、どうしてもシルクハット自体の存在感が強くなりすぎて浮いてしまう傾向にあるのです。また、元は外国人のファッションや体型体格に合わせてつくられた帽子である、ということも、シルクハットが僕たち日本人のファッションに合わない大きな理由になっているかもしれません。

 

その点で、クバ笠は日本人が普段着のまま使うため、また機能性を重視してつくられたものなので、現代において普段着のまま着用しても違和感なくオシャレを演出できるということなのです。

 

つまりオシャレ業界において、

クバ笠 > シルクハット

という図式は最早常識!マスト!

かの有名なドント小西さんも、『クバ笠なくしてオシャレなし』と言っています。さすがドント小西さん。いいこと言いますよね。

 

 

 

クバ笠のオシャレさ、わかっていただけたでしょうか?

わかったら明日からすぐに、クバ笠を着用してのオシャレライフを楽しむがよいと思います。

 

 

 

 

(大きめ61cm)ストライプジャガード帯ブラックボディ中折れハット(中折れ帽子) ブラックブラック

新品価格
¥2,052から
(2014/10/14 23:21時点)

←中折れ…

VacaSta

 - OKINAWAコラム! , , , , ,

">