シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

大石原のアンモナイト化石 ~目を皿にして~

      2015/02/06

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介いたしますのは、本部町にあります大石原のアンモナイト化石

県指定天然記念物です!

 

 

DSC08282

アンモナイトを探す妻。

 

 

生物とか化石とかにまったく興味のない人でも、アンモナイトは知ってる人が多いのではないでしょうか。

ほら、カタツムリとタコの中間みたいなアレですよ。

殻を剥いて内臓を取り除いたあと、食べやすい大きさに切って大根と共に酒・砂糖・醤油などの調味料で煮込むと美味しそうなアレです。

 

anmonaito

      ↑こんなやつ。

 

実は、本部半島は沖縄県内で最も古い地層のある地域とされており、多くのアンモナイト化石が発見されている場所なんです。

そして、意外と知られていないんですが、本部町の海洋博公園の敷地内には、今回ご紹介する大石原のアンモナイト化石という県指定の天然記念物があるんですよ!

 

DSC08288

広い。

 

さて。大石原のアンモナイト化石は超有名観光地である海洋博公園内にあり、さらに多数のアンモナイト化石が発掘されたという輝かしい実績から天然記念物に指定までされながら、何故観光地として、まったく有名にならないのでしょうか。

 

それはおそらく、ここでアンモナイトを探すのがめっちゃ難しいからだと思われます。

 

上の写真がアンモナイトが見られる岩場なのですが、そこらじゅうにある岩のどこにアンモナイトがあるのか、誰も教えてくれません。

『ここにアンモナイトがありますよ!』という案内版や表示もありませんし、ここで見られるアンモナイトの見本のようなものすらありません。

 

『この広い岩場のどこかにアンモナイトの化石があります!』

ヒントは以上です。

どのくらいの大きさのアンモナイトなのか、何個くらいあるのか、そうゆうヒントすら一切与えられません。

自力で探し出すしかないのです。

 

 

しかし、なにせノーヒントですから、簡単には見つかりません。

僕は30分以上、この岩場をウロウロしました。

 

無心でアンモナイトを探していると、だんだんなんでもアンモナイトに見えてきます。

 

DSC08289

これか?

 

DSC08302

これか?

 

DSC08325

これか?

 

最終的にはペットボトルのキャップすらアンモナイトに見えてきました。末期です。

このままでは周囲の人間すらアンモナイトに見えてくるかもしれません。

そんな世界観で生きていくのはゴメンです。

 

 

諦めかけたころ、妻がアンモナイトの化石を発見してくれました。

DSC08305

 

すげぇ保護色。

忍者もびっくりです。近づいてもよーく見ないとわかりません。

 

大きいものは2mを超えると言われるアンモナイトですが、今回大石原で見つけたこのアンモナイトのサイズはと言うと…

 

 

DSC08308

 

ちっちゃい!

直径1cmくらいでしょうか。

バスケットコートくらいの広さの岩場から、1cm程度で保護色の化石を探す難易度は、ウォーリーのそれを軽く超えます。

 

DSC08307DSC08306 DSC08313DSC08320

 

結局その後も必死の捜索により、いくつかのアンモナイト(らしきもの含む)を発見したのですが、いずれも直径1cm程度で、インパクトのある化石は発見できませんでした。

 

かつてはもっと大きなものも発見されているらしいのですが、研究資料として採取されたり、また、盗掘されたなんて話もあって、大きなアンモナイトは残っていないようです。

 

 

 

それでは最後に、大石原のアンモナイト化石の基本情報です。

 

名前 大石原のアンモナイト化石
タイプ 自然
住所 沖縄県国頭郡本部町山川
電話番号 0980-48-2741

※海洋博公園管理センター

入場料 無料。
定休日 毎年12月第1水曜日とその翌日
営業時間 3月~9月 8:00~19:30

10月~2月 8:00~18:00

所要時間 一時間

※アンモナイトを本気で探す場合

駐車場 無料
アクセス 那覇空港から高速道路で許田IC、国道58号線を北上して449号線に入り、浦崎で左折して114号線へ。このルートでおよそ2時間。
トイレの綺麗さ 無し

※海洋博公園内にはアリ。

服装 動きやすい格好で!
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

旅行中の貴重な時間を使うにはもったいないかな。

地元民へのオススメ度 ☆☆☆

個人的には、けっこう楽しかったです。

ディープスポット度 ☆☆☆

海洋博公園内にありますが、その場所すら見つけにくいです。

接客 --
バリアフリー ×
周辺の観光地 美ら海水族館まで歩いて15分

備瀬のフクギ並木まで車で1分

シーサーの生息数 0体。
備考 場所がわかりにくいので、海洋博公園の係員の人に聞いてみるとよいかと思います。

 

尚、この情報は記事作成時(2014年3月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

ちなみに、アンモナイトは発見しても発掘しないでくださいね!

逮捕ですよ逮捕!

 

それではまた!

 

 

アンモナイト化石ネックレス 1/2カット 麻紐ストラップ付き

新品価格
¥2,980から
(2014/6/5 22:05時点)


←Amazonでも探せる。

 

 

 

 

 

 

VacaSta

 - おきなわSPOT , , ,

">