シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

沖縄の超巨大カタツムリ!アフリカマイマイ!

   

沖縄には超巨大なカタツムリがいます。

その名もアフリカマイマイ。世界最大のカタツムリです。

元々は東アフリカのタンザニアやモザンビークに生息しているカタツムリなのですが、1932年に沖縄に持ち込まれて大繁殖し、今では沖縄県内のどこにでも普通に生息するカタツムリとなりました。

 

1280px-Snail_in_Ubud,_Bali,_2010_(1)

 

大きいものだと殻径が7~8cm、殻高が20cmにもなります。

身近な物の大きさで例えると、500mlペットボトルと同じくらいの大きさということになります。

沖縄でよく見られるのはそれよりやや小さいサイズですが、それでも殻高10cmを超えるので、タバコの箱よりデカいです。

 

想像してみてください…

ペットボトル大のカタツムリが、自宅の壁を這っている姿を…

慣れていないと恐怖ですよね。

実際、観光客の方が雨の日にアフリカマイマイを目撃して絶叫しているところを何度も見たことがあります。

観光地で働いていたので、『店員さん!お、大きなカタツムリが!!』と報告しにくる方もけっこういました。

 

しかし驚くなかれ、アフリカマイマイは沖縄では本当にどこにでもいる普通の生き物です。

雨の日になると道路に出てくるので探さなくても見られますし、なんなら普通のカタツムリよりいるくらいです。

繁殖力が強すぎて世界の侵略的外来種ワースト100にも指定されています。

 

ただ、どこにでもいるからといって安全な生き物ではないのが注意してほしいところ。

噛み付いたりしませんし毒こそありませんが、アフリカマイマイの体には広東住血線虫という寄生虫が住んでいて、人間が触れると好酸球性髄膜脳炎という病気になり最悪死に至るケースもあります。

僕の友人も昔、梅雨の時期にアフリカマイマイを捕まえて遊び、それが原因で夏休みを入院して過ごしました。

珍しがって持ち帰ろうとする子供がたまにいるのですが、大変危険なので注意してください。

 

 

どうしてこんな危険な生き物が沖縄に持ち込まれたのかと言うと、最初は食用目的でした。

持ち込まれた当初は養殖用の生き物として厳重に管理されていたのですが、沖縄戦で研究施設が破壊され、逃げ出したものが野生化したと考えられています。

 

こんなんが食用として普及しなくてよかった…とは思いますけど。

アフリカマイマイを食用にする研究が進んでいたら、アフリカマイマイのパスタとか、アフリカマイマイのスープ、アフリカマイマイのカレー、アフリカマイマイの踊り食い…と、今にして思えばとんでもない料理が数々誕生していたのかもしれませんね。

想像しただけで食欲なくすわ…

 

 

 

VacaSta

 - OKINAWAコラム! , ,

">