シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

識名園 ~まぐろクンの識名園回遊~

      2015/02/06

 

 

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介致しますのは那覇市にあります識名園

1799年に琉球王家の別荘として造られた庭です!

 

DSC06247

 

日本式庭園に中国の様式を取り入れた庭園は、当時の王家の人間の保養の為というのはもちろん、中国からの使者をもてなすためにも使われていました。

その後の沖縄戦で壊滅的なダメージを受けてしまった識名園ですが、1975年から20年に渡って復元工事が行われ、自然豊かな庭園の姿を取り戻しています。

また、首里城などと共に琉球のグスク及び関連遺産群として世界遺産にも登録されているんです!

 

DSC06137

 

入口から続く石畳道は基本的に綺麗に整備されていて歩きやすいです。

それに両脇にはガジュマルなど、沖縄らしい木々が立ち並び、木漏れ日が大変気持いい!

 

もしもこの木漏れ日が全て宇宙人が地球を滅ぼす為に打ってきたレーザービームだったら…などと考えながらお散歩してみるのもいいかもしれませんね!

でも紫外線はある意味恐怖のレーザービームですからね!避けられるもんなら避けてくださいね!

 

DSC06146

 

識名園は、廻遊式庭園(かいゆうしきていえん)と呼ばれる造園形式で造られています。

つまり、潮の流れに乗って回遊するマグロのように、池の周囲を歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした庭園なのです。

というわけでここからは、マグロのような気持ちで池の周りを回遊しながらご紹介していきましょう!

 

hr

 

magurokun

上が本体。

 

 

magurokun2

  乱獲によりマグロを絶滅の危機に追いやる人類のみんな!はじめまして!

  僕の名前はまぐろクン!姓がまぐろで、名がクンだよ!

 

  これから、僕と一緒に識名園を徒歩で回遊してみよう!

  レッツゴー!

magurokunhukidasio

 

DSC06150

 

magurokun2

  おやおや?早速なにか見えてきたぞ?

  これは識名園の水源の一つ、育徳泉ってゆうんだって!

  すごく澄んだ綺麗な水が湧き出ていて、

  泉の中には僕たち鮪と同じく絶滅危惧種のシマチスジノリや

  シリケンイモリが住んでいるんだ!

magurokunhukidasio

 

DSC06151

泉の底に向かって泳ぐシリケンイモリ。

 

magurokun2

  こんにちわシリケンイモリ君!

  僕はまぐろクンってゆうんだ!

  良かったら、いつかボクらを絶滅の淵に追いやった人類に一泡吹かせてやろうね!

magurokunhukidasio

 

DSC06181

 

magurokun2

  こんどは立派なお屋敷が見えて来たぞ!

  御殿(うどぅん)ってゆう建ものなんだって!

  中国からの使者をここで持て成したりしたんだろうね!

  僕もいつかはこの力で人類をねじ伏せ、

  ここで持て成されたいもんだなぁ!

magurokunhukidasio

 

DSC06220

 

magurokun2

  今度はアーチ橋が見えてきた!

  この橋は日本風庭園の中に織り交ぜられた中国風な一面だね!

  当サイト管理人は小学生の頃、識名園で写生大会に参加したことがあるんだけど、

  その時に隣で絵を書いていた友人のT君がこの橋の上でスズメバチに刺されたよ!

  きっとスズメバチも人類をひどく憎んでいるんだろうね!

  これから識名園に行く人はスズメバチに注意だよ!

magurokunhukidasio

 

DSC06226

 

magurokun2

  橋を渡っていくと、なにやら六角形の建ものが見えてきたよ!

  この建ものの名前は六角堂ってゆうんだって!安易!

  明治時代まではいたってシンプルな四角形の建ものだったらしいんだけど、

  いつの間にやら六角形に立て直されていたんだって!

  誰かの陰謀かな?人類を憎む何者かの陰謀かな?

magurokunhukidasio

 

DSC06267

 

 

magurokun2

  そして最後にこれは観耕台からの景色!絶景だね!

  沖縄のように小さな島で、識名園ほど高台にある場所に行けば

  普通は海が見渡せるものなんだけど、ここはあえて海が見えないように

  木を植えたり、方角を計算されて造られているんだ!

  なんでも、中国からの使者に対して、

  『こんな高台に居ても海が見えないほど、この国は広い!』と

  アピールしたかったんだって!狡猾!

  やはり人類、一筋縄では行かぬようだね!

magurokunhukidasio

 

magurokun2

  今回、回遊した識名園の敷地はほんの一部!

  実はもっとたくさんの見所もあるんだよ!

  いろいろあったけど、個人的には、あんな素晴らしい庭を造る

  人類の技術力にただただ驚かされたよ!

  人類に一泡吹かせるためには、やはり宇宙人の協力が不可欠かもしれないね!

  宇宙人に木漏れ日をレーザービームに変える兵器をお借りするしかないね!

magurokunhukidasio

 

hr

 

 

それでは最後に、識名園の基本情報です。

 

名前 識名園
タイプ 世界遺産
住所 沖縄県那覇市真地421‐7
電話番号 098-855-5936
入場料

大人400円

小人200円

定休日 水曜(臨時休園日あり)
営業時間

9:00~17:30(4~9 月)

9:00~17:00(10~3 月)

所要時間 一時間
駐車場 無料
アクセス 那覇空港から古波蔵→国場→一日橋交差店で左折。しばらく進んで左折、県道222号線に入ってすぐ。車で30分。
トイレの綺麗さ

無し。

※ただしチケット売り場に有り。

服装 歩きやすい靴で!また、虫刺されなどを考慮した格好がオススメ!
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

☆☆☆☆

のんびりとお散歩してみてはいかがでしょうか。

地元民へのオススメ度

☆☆☆☆☆

のんびりお散歩するには絶好のスポットだと思いますマジで。

ディープスポット度

☆☆

世界遺産の中では比較的空いている印象です。

接客 --
バリアフリー

×

石畳道は整備されていますが、小さな段差が多く車椅子で通るのは危険です。

周辺の観光地

首里城まで車で20分

国際通りまで車で20分

シーサーの生息数 未確認
備考 ほぼ屋根が無いので、雨の日は厳しいかもしれません。

 

尚、この情報は記事作成時(2013年8月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

magurokun2

  みなさんも是非、識名園に行ってみてくださいね!

magurokunhukidasio

 

 

それではまた!

 

 

 

 

 

VacaSta

 - おきなわSPOT

">