シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

<沖縄菓子>ちんすこう

      2015/02/06

 

 

沖縄の伝統的なお菓子、ちんすこう

 

こちらはチョコチップちんすこう。黒い。

 

ちんすこうは棒状のクッキーのようなお菓子ですね。

棒状だからといって、そういう意味のちんすこうではありません。

なんですかそういう意味ってセクハラはやめてください。

 

ちんすこうとは、

ちん(珍)すこう(お菓子)という意味だそうで、要するに『珍しいお菓子』って意味なんだそうな。

ルーツは諸説ありますが、中国から入ってきたとか、ポルトガルから入ってきたとか、ともかく外国のお菓子が変化したものであるそうで、当時の琉球人には珍しいお菓子だったんでしょうね。

 

だから決して卑猥なアレじゃないんですちんすこうは。

ちんすこうを下ネタにしないでください全く。

そのちんすこうをしまいなさい。

 

 

 

はい。下ネタはいい加減にしまして、ここからは真面目にちんすこうの説明です。

 

ちんすこうは小麦粉、ラード、砂糖の3つの材料からできる焼き菓子で、ザクっとしたビスケットのような食感と上品な甘さ、食べた瞬間口の中に広がる水分を全て奪い去るパサパサ感で人気の沖縄土産になっています。

 

昔から沖縄に伝わる伝統菓子ですが、最近ではチョコ味・抹茶味・チーズ味・塩味・紅いも味・パイン味など、様々な種類が開発されていて、うまい棒のお株を奪う勢い。

 

中でもちんすこうショコラ雪塩ちんすこうなどは地元民も認める美味しさと評判です。

 

 

あと、味はともかくとして、ちんこすこうという下ネタ全開の商品も売っていて、こちらも主に中高生男子に大人気です。

 

 

 


←おすすめ

 

 

VacaSta

 - 沖縄名物図鑑

">