シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

うえのドイツ文化村 ~休館日に行っちゃう~

      2015/02/06

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介致しますのは宮古島市にあります、うえのドイツ文化村!

ドイツの文化をテーマとしたテーマパークです。『テーマとしたテーマパーク』って言葉が正しいのかどうかはわからないけれど。

 

DSC00828

 

僕はドイツのことをさっぱり知りませんので、ドイツ文化村と言われましても、内部がどうなっているのか見当もつきません。

 

ドイツ…

ウインナー的なアレとか、ビール的なソレとかでしょうか。

そうゆう屋台が立ち並んでいるのでしょうか。

 

そう考えるとワクワクしてきますよね!

 

 

DSC00832

 

Nein!そんなものは立ち並んでいません。

園内は、初心者でも気軽に入れる廃墟といった感じの寂れっぷりです。

 

他のお客さんも見当たりませんし、園内にあるキンダーハウス・博愛記念館・プール・シースカイ博愛など、全ての施設も営業している様子がないのです。

 

それもそのはず。

 

DSC00831

kyukan

木曜日に行っちゃったからです。

 

でも案内板には、『定休日だけど、勝手に入ってうろうろしてもいいよ。』的なことが書いてあったので、勝手に入ってうろうろしちゃおうかと思います。

 

 

DSC00837

 

宮古島に、なにゆえドイツの文化村?

という疑問は、園内に建っているこの記念碑の案内版を読んで解決しました。

 

1873(明治6)年7月2日、中国の福州を出航したドイツの商船R.Jロベルトソン号がオーストラリアに向け航行中、洋上で台風にあい、同年7月11日、この碑の東およそ1km沖にあるウプピシ(大きな干瀬のこと)に座礁して遭難した。

宮国の人々は台風で荒れ狂う激浪の中、翌7月12日、危険をおかして乗組員8人全員を救助し、37日間にわたり親切ていねいに手厚くもてなし、帰国させた。

このことは、いち早くドイツの新聞に取り上げられ、ドイツ政府は宮国の人々の純情に感激し、皇帝ウイルへイム1世は1876(明治9)年、軍艦を派遣して平良市西里(親腰)に博愛記念碑を建てた。

この美談は、昭和12年の文部科学省発行教科書”尋常小学修身書巻4”に「博愛」という題で載せられ全国の小学校で教材となった。

このドイツ商船遭難之地碑は、宮国の人々の美しい心と勇気ある行動をいつまでも讃えるために、ロベルトソン号遭難から63年目の1936(昭和11)年に近衛文麿公の筆により刻まれた。(原文)

 

要するに、昔、遭難したドイツ人を宮古島の人々が助けたことがあって、感動したドイツ皇帝が宮古島に記念碑を建てて、なんやかんやあってうえのドイツ文化村が出来た、と。そうゆうことなんですね。

※この遭難の地碑は、ドイツ皇帝が建てた博愛記念碑とは別のものです。

 

 

 

DSC00866

 

こちらはドイツ文化村でも一番の見どころで、博愛記念館と言います。

みなさん、この建物、どこかで見たことありませんか?

みんな知ってるアノ建物を再現した建物なんです!

 

そう!ドイツの古城、マルクスブルグ城を再現した建物なんです!!

マルクスブルグ城といえば、12世紀初頭にラインラント=プファルツのブラウバッハに建てられた城で、ライン地方の城の中で戦乱による破壊を免れ、中世の面影を残す唯一の遺構としてもお馴染みですよね!

 

ラインラント=プファルツ出身の人間なら、マルクスブルグ城を知らない人はいませんよね!

僕はラインラント=プファルツ出身ではないので知りません。

 

DSC00834

 

そして↑ここも有料ですが、うえのドイツ文化村の大きな見どころ。

 

え?潰れたリンガーハットに見えるって?

全然違いますよ!これはキンダーハウスという施設。

…いや、語感はけっこう似てるな。

 

キンダーハウスという名前は、ドイツ語で子供の家を意味するとのことで、館内にはグリム童話に関する資料や複製画、くるみ割り人形などドイツのおもちゃを展示されているそうです。

 ちなみに、リンガーハットはリンガー氏の小さな家を意味するとのことで、意味も若干ニアミスですよね。

 

 

 

それでは最後に、うえのドイツ村の基本情報です。

 

名前 うえのドイツ村
タイプ テーマパーク
住所 沖縄県宮古島市上野宮国775−1
電話番号 0980-76-3771
入場料
大人 小人
園内入場料 無料 無料
博愛記念館 700円 400円
キンダーハウス 200円 100円
共通入場券 800円 400円
定休日

シースカイ博愛 毎週水曜日

博愛記念館・キンダーハウス 毎週水・木曜日

※2013年10月~3月までの定休日です。また、営業時間の変更・臨時休園もあります。

営業時間 9:00 ~ 18:00
所要時間 40分
駐車場 無料
アクセス 宮古島空港から国道390号線を南下、上野交差点で右折。車で約15分。
トイレの綺麗さ ☆☆☆☆
服装 歩きやすい靴で!
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

☆☆☆

休館日じゃない日を狙うのがオススメ!

地元民へのオススメ度

☆☆☆

逃走中!に使われそうな、鬼ごっこしたくなる施設。

ディープスポット度

☆☆

季節ごとにはお祭りも開かれるような施設です。

接客 --
バリアフリー ×
周辺の観光地

宮古島シギラリゾートシギラ温泉まで車で10分

東平安名崎まで車で20分

シーサーの生息数 0体。
備考 休館日に行っときながら廃墟扱いしてごめんなさい。

 

尚、この情報は記事作成時(2013年11月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

ちなみに、僕が宮古島に行くにあたって滞在したホテルは、

 

DSC00810

 

ホテルブリーズベイマリーナというとこだったんですが、このホテルはうえのドイツ村の敷地内にあります。

超いいホテルでした。これから宮古島に行く方にはオススメです。

 

 

それではまた!

 

 


←現地では売ってないらしいので、持参しようぜ!

 

 

 

 

VacaSta

 - おきなわSPOT ,

">