シーサー・イズ・マモリガミ!

神秘の沖縄大冒険

座喜味城跡 ~写り込む~

      2015/02/06

 

 

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介いたしますのは、読谷村にあります座喜味城跡

琉球王国で築城の名手として知られた護佐丸が築いた城です。

 

DSC07790

 

15世紀初期に造られた城ですが、名築城家が築いたグスクだけあって現代人が見ても石垣の曲線やアーチ門が素晴らしいです。なんとも芸術的。

これだけオシャレなグスクなら、かつてここに住んでいた実力者達も自慢げだったことでしょうね。

『うちのグスクはホラ、モダンだから~』とか言って。

 

というか今、写真整理してて気づいたんですが、

 

DSC07790

 

 

kakudaizakimi

 

 

kakudaizakimi2

住んでた方、化けて出てますからね。

 

たぶん、僕がお宅にカメラ向けてたもんだから『やだ!撮影かしら!建もの探訪なのかしら!』ってことで自慢げに出てきたんでしょうね。

しかし残念ながら、撮影当時の僕は渡辺篤史でもなければヨネスケでもありませんでした。(現在も渡辺篤史になる予兆はありません)

このままでは霊の方が浮かばれないので、本物の渡辺篤史さんは早急に座喜味城跡を探訪してあげてください。

 

DSC07805

 

座喜味城跡のアーチ門は楔石を打ち込んだ珍しいつくりをしています。

この構造によりアーチ門は非常に頑丈になっており、見た目にも美しく、機能美とはまさにこのことですよね。

写真で見ると大きさがイマイチ伝わりませんが、かなり大きなグスクなので、実際に見ると感動すると思います。

 

DSC07775

 

また、比較的街中にあるグスクながら、遠くには海が見えますし、

 

DSC07834

 

グスクの周囲には木々が生い茂っているので、沖縄の自然を感じながらお散歩するのもステキだと思いますよ!

 

 

DSC07834

 

DSC07834

 

DSC07835k

出たがり。

 

 

 

 

それでは最後に、座喜味城跡の基本情報です。

 

名前 座喜味城跡
タイプ 世界遺産
住所 沖縄県中頭郡読谷村字座喜味2975番地
電話番号 --
入場料 無料。
定休日 年中無休
営業時間

見学自由

※但し、危険なので日中の見学をオススメします。

所要時間 1時間
駐車場 無料
アクセス 那覇空港から国道58号線を北上、車で1時間。
トイレの綺麗さ ☆☆(公園内)
服装 歩きやすい靴で!
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

☆☆☆☆

世界遺産に選ばれたグスクの中でも美しい城跡をもつ場所です。

地元民へのオススメ度

☆☆☆☆

行ったこと無い人が考えているより、大きくてビビります。

ディープスポット度

☆☆

世界遺産の中では、観光客が少なめ。

接客 --
バリアフリー ×
周辺の観光地

残波岬まで車で15分

むら咲むらまで車で10分

シーサーの生息数 0体。
備考 アーチの上に登ることも出来ますが、柵などは無いので注意しましょう。

 

尚、この情報は記事作成時(2013年7月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

化けて出てた方々、本当になんなんだろうと思って調べたところ、座喜味城跡内で琉装写真撮影をしてくれる会社があるらしいです。

なんだ。霊じゃないのか。

 

 

という訳で座喜味城跡のご紹介でした!

城跡ファン及び渡辺篤史の皆さんは是非行ってみてくださいね!

それではまた!

 

 

 

 

VacaSta

 - おきなわSPOT

">